2018年12月27日

若さの秘訣?

昨日からの今年最後の仕事5連チャンに備えてクリスマスの25日はゆっくり休みたかったのだけれど、用事が積み重なっていて結局深夜まで動き回る事になりました。
朝早くにボードのワクシングを始めて、午前中は、年末からの大寒波を前に抜群の天気であったかかったので、入院中の愛車を引き取りにひとっ走りでした。
エンジン、キャブレターの機関系やミッションはほぼ満足に仕上げてきたつもりだけれどブレーキ系統がここ数年どうも心配で、やっとこさ今回でその不安も解消し、とても気持ちの良いドライブを楽しみました。

IMG_5004.jpg

この相棒、まだまだやつれ感は満載だけれどアンチエイジング計画は順調に進んでいます。
夜、息子が雪山合宿第一弾に出かけた後、息子との筋トレ格差を解消すべくパンプに励んで、結局フラフラで眠りにつきました。



ほぼ日『今日のダーリン』から転載

若さの秘訣は「飽くなき好奇心」であると言われる。
 え? 胃腸が丈夫であるとか、脚力が衰えないだとか、
 よく食べよく眠るだとか、腹八分目だとかじゃないのか。

 好奇心が強いというだけでいいのなら、
 けっこうおれは有利なんじゃないかい。
 「この勝負、もらった!」と言っていいんじゃないかい。
 と思っていたのだけれど、昔は本気にしてはいなかった。

 しかし、ほんとうにじぶんが若くなくなったら、
 人によって、「好奇心」の質量に
 ものすごい差があると知ることになった。
 年齢が若くて好奇心の少ない人だっている。
 働き盛りになってからでも、
 仕事もするけど好奇心も強いという人もいる。
 男と女のちがいよりも、好奇心のあるなしのほうが、
 ずっとちがいが出てくるようにも思える。
 のんびりしているように見えて好奇心の強い人もいる。
 アブやハチのように飛び回っているけれど、
 その活動の根底が「なにかを片付けるだけ」の人もいる。

 好奇心と成熟とか、好奇心と知的な能力とかは、
 あんまり関係ないような気もしている。
 いまうちにいる仔犬は、ものすごい好奇心の持ち主だが、
 いわゆる学校の勉強はあんまりできないだろうと思う。
 なにが、どうできるかということよりも、
 なにに、どう向かっていくのかの
 姿勢というものが、好奇心の表れなのかもしれない。

 好奇心というと、下世話な方面の想像をしがちだけれど、
 それは好奇心ということばにとって不幸なことである。
 好奇心は、「わたしを変えてもいい」という
 覚悟(あるいは無意識の衝動)があるってことなんだ。
 犬も、詩人も、スポーツ選手も経営者もだ。
 さぁ、いっちょ、知ったようなことを言うよ。
 「変わるが、生きるだから」と言い放つよ。
 わかりづらければ、逆を言う「止まるが、死ぬだから」。
 うちの仔犬にゃ負けるけど、ぼくはまだ好奇心がある。
 「変わる」を覚悟したりすることが、まだまだたのしい。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
で、好奇心をパワーを変えるのは、骨惜しみしないことだ。




若さの秘訣? 僕は、旺盛な『知的好奇心』だと思っているんだけどね。
今年もあともう少し、皆さん元気で頑張りましょう!

posted by Dr at 14:48| 仕事

2018年12月05日

グランピング

先月で海風遊びも終了して、雪山での遊びまでのわずかなシーズンオフ、少しの休みを頂いてグランピングを楽しんできました。

IMG_2421.jpeg

観光資源が遺跡以外あまり何もないところでしたが、とても素敵な村人達との素敵な旅になりました。

IMG_2297.jpeg

IMG_2328.jpeg

IMG_2352.jpeg

IMG_2409.jpeg

お約束のTomb Raider
IMG_2411.jpeg

夕日がきれい!
IMG_2504.jpeg





今週末からの強い寒気に体調を崩されませんように!

posted by Dr at 14:10| 趣味

2018年11月27日

大阪万博開催決定! おめでとう!

今月23日、仕事帰りに’ボヘミアンラプソディー’を観て(2週間も経つのに満席でした)、ミナミで呑んでいると(久しぶりの筋トレoffの日だったので)、大阪万博招致のサポーター向けのメールが入って、、、

“大阪で決定!!”

店を飛び出すと、道頓堀は見事な盛り上がりでした。

1970年の万博当時、私は小学校4年生で、今だその記憶は鮮明で(他のことは大概忘れていますが)、ほんま無邪気に楽しかったなあ。
今の時代の万博誘致には賛否あるでしょうが、素直に嬉しい気持ちは隠せません。

 


今年は台風が多く、何度もこれらの台風で遊ばせてもらいましたが、早くも北のほうでは着々と雪が積もってきました。
IMG_2240.jpeg

今年もあっという間にあと1ヶ月、張り切って頑張りましょう。
IMG_2246.jpeg

おまけ
IMG_2256.jpeg
10日かけて読了。よかったです。



posted by Dr at 15:11| 日記

2018年10月26日

妊活???

以下、今月22日に当院の形成外科・ED専用サイトに掲載させて頂いた「診療現場からの報告 第229話 妊活とED」ですが、、、


妊活とED

今回、EDのご相談で来院された患者さんは1年程前からに妊活で人工授精に取り組んでおられます。

患者さんのお話によると、排卵日に向けて精子を新鮮なものに作り変えるため、排卵日の数日前に一度射精をする必要があるそうです。排卵日当日には病院に提出する精子を採取するとともに、性交渉も行います。更に翌日に再度性交渉を行わねばならないそうです。いわば短期間に4回の射精を行う必要があるわけです。

しかも、排卵誘発剤(?)なのでしょうか。奥さんは投薬によって、月に数回の月経が来るので、その度に上記のフローを繰り返すそうです。

結構な頻度で射精が求められるうえ、タイミング法の要素も含まれる訳ですから、男性にとっては肉体的にも精神的にもハードな内容だと言えます。

タイミング法は以前にもお伝えした通り、授精の確率を上げるには有効な手段です。

ただし、これは1ヶ月間に行う性交渉のうちの1回を排卵日に併せるという形であればという話です。タイミング法を取っているご夫婦の多くは、女性側から排卵日に併せた性交渉を行おうという意思表示があります。男性側は頭では理解しても、そういう気分にならにならない時もあります。そういった時は性的な欲求が少ないわけですから、どうしても何かの拍子に勃起が弱くなることもあります。

性行為が失敗しても、男性は性的欲求が少なかった事を自覚しています。なので「たまたま」「また次回」と考えます。対して女性は、「失敗するなら頻度を減らして、排卵日に確実に性交渉を行おう」と考えます。なかには性交渉を月1回の排卵日に限定し、その日は「絶対に!」といった想いを強く持たれる方もおられます。

こうしたなかで男性は徐々に子作りにストレス(プレッシャー)を感じるようになります。また、性交渉を義務的な作業のように感じてしまい、夫婦間の性交渉で得られる性的興奮は著しく減少していきます。性的興奮が減り、ストレスが増すわけですからEDを発症してもおかしくはありません。

誰が悪い訳でもないのですが、悲しい話です。

いくら性交渉の頻度を減らしても、性的欲求が低い時は勃起が弱まり失敗することもあります。

妊活は女性だけのものではありません。当事者であるご夫婦のものです。主治医となるドクターには、「授精」だけをクローズアップした妊活ではなく、当事者2人の事を考えた妊活に取り組んでいただきたいものです。




皆さんはどう感じられるでしょうか。

性交渉って本来、性欲に従って(当然現在の人間社会では理性下において、ですが)したいからする行為に他ならず、受精云々はその結果でしかないので、それを目的化するとどうしても歪みが出てくるように思います。

出来るだけ自然にシンプルに生きようとする人もいれば、そう簡単では決していかない社会構造でもあったりで、なかなか難しい問題ではありますね。



IMG_7862.jpg



posted by Dr at 15:08| 仕事

2018年09月14日

今回の台風、地震で被災された方々、心よりお見舞い申し上げます。

日本列島、なかなか厄介な周期に入っているのかどうか、大きな自然災害が続きますね。


先月末、短い2回目の夏休みを頂いて、ウォールアートで有名な世界遺産の街へ出向いていました。

IMG_2147.jpg

ここのホテルでゆっくり過ごすつもりだったのが、
ストリートアート探しで歩き回る羽目になりました(何かを夢中に探していると、何故か全く疲れない!)。
帰りの飛行機、丁度台風に当たって香港で一泊足止めを食らいました。

IMG_2157.jpg

IMG_2167.jpg

IMG_2188.png


先週の前半、2ヶ月もサボっていた海遊びの特訓を再開しましたが、またも台風21号にあたり、仕事を一日穴を開ける事になりました。

IMG_2172.jpg

日程を変更して頂いた患者様、本当にすみませんでした。
今年はどうも当たり年のようです。気をつけます。





被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、急に気温が下がっています(そういえばツクツクボウシの鳴き声がなかったような)のでくれぐれも体調を崩されませぬ様に。




posted by Dr at 12:55| 日記