2014年08月23日

Choosing Wisely

日本の医療費ってまあえらい事になっていて(滅茶苦茶レベルで)、そんなもん相当前から判っている事なんだけれど、年金制度とまったく同じ構図ですね。
皆が誠実な仕事をしている限りは、まあお上に任せておけば問題なくやり過ごせていて、自己責任なんてのも問題にしなくてよかったんだろうけれど。

国民皆保険ではないアメリカですら以下のような行動が始まっています。
米国内科専門医認定機関財団(ABIM財団)を中心に米国医学会の71学会が無駄な医療を順次公表していく計画で、すでに昨年までに50学会が無駄な医療を公表しています。

この本に詳しく

IMG_0546.jpg

日本での癌検診の無駄は甚だしいし、子宮頸癌ワクチンは案の定だったし、治せもしないものをただ見つけるのが上手くなってるだけのものも多いし、風邪に抗生剤投与なんぞ話にならんし、サプリメントの類いはお菓子食べる以下のものがほとんどだし、なるほどなるほど。
ただ日本の医療側からの反発は多いだろうなあ。


無駄な医療は確かに多過ぎで、でも「賢く選ぼうよ!」と言っても、この国じゃあなあ、、、



今年は結局エルニーニョの影響なのか夏の終わりが早そうですね。
先日大阪湾でSUPでダウンウインドで遊ぼうと、かなりの距離を風上に上ったんだけれど、うねりが中途半端で気持ちよく楽しめませんでした。
空はすっかり秋の雲ですね。




posted by Dr at 13:23| 仕事

2014年06月11日

病院の待ち時間

堀江くんのツイート
慈恵医大病院で腎臓結石破砕から数ヶ月後のアフターケア診断。
10:30予約でピッタリに行ったのに未だ診察待ち。
次の仕事に間に合わないので診断受けずに1080円払って退散。
やっぱダメだな日本の医療業界。
安かろう悪かろう。
医療保険制度の改革も必要だし、病院経営も改める所多し。


ホリエらしい(堀江貴文、決して嫌いな人物じゃなくて、相当好きな類いの人物なので敢えて呼び捨てますが)ツイートで、その気持ちはとてもよく判る。共感はする。
事の本質をよく見ている(よく見えている)と思う。
でもそうはいかんのです。

大学病院って何をしているところでしょう。
医療?
教育?
研究?

厚生労働省の管轄?
文部科学省?

医療ってホントのサービス業?

あらゆるところに無理があって、病院の待ち時間なんて本当に小さな枝葉の話なんだけれど、結局最後は国民皆保険の問題に行くのでしょうね。
“国民皆が同じ費用で同じ水準の医療”なんてあり得ないしあっては駄目だと思うし、現に同じ費用ではないし、同じ水準でもないし、まして保険じゃなく税金だしなあ。
国民を馬鹿にした、見下した行政が、それでもそのほうが上手く回るのかどうか、まだまだ国民は馬鹿なのか、でも時代はまったくそうじゃないですね。




今シーズン3度目、梅雨空の沖縄で海にもまれて、日焼けがえらい事になってきました(どうにかせにゃ)。

IMG_0495.JPG

IMG_0500.JPG




posted by Dr at 12:20| 仕事

2014年06月03日

terosとmeros

職業柄も当然あって気になるのだけれど、どうも皆「老化」をあまりに気にし過ぎているように思います。
ハタチを過ぎれば老化が始まるだの、酸化が始まるだの、まあそんなのばっかりですが、まずは「老化」の定義って何なんだろう?
これってWHOが定義付けしているものでもなくて(WHOの定義もアテにならないものが多いですが)、実はそれぞれの細胞レベルで起こってくる現象で、すべてがまちまちで、よく判っていない事がほとんどなんだと思います。

ハタチそこらでピークっていくら何でもなあ、と思いませんか。
例えば、脳をフルに活用している人って全くいないだろうし、それこそほんの極一部しか稼働していないはずで、そのフルの状態から少しずつ老化が始まったところでそう簡単には普段の脳の使用レベルまで落ちてくるのには相当時間がかかるような気がするし、骨や筋肉などもそう早くは老化してこないように思います(ほとんどの人がトップレベルのアスリートでは無い訳で)。

年取って疲れ易くなった、しんどくなった云々の類いは大抵の方が言われるのだけれど、当然体内の代謝等に変化は出てくるのだろうけれど、今現在の運動量って小中学校、高校時代と比べて極端に少なくないですか。
電車内では空いてる席を早く探そうとする、階段なんて大嫌い、美味しいもん大好きで少しずつ太って来た、そりゃ疲れ易くなるのは当たり前だし、肌についても全く同じで、肌に潤いだの、乾燥させちゃ駄目だの、紫外線は年中駄目だの、過保護を通り越した全く訳のワカランお手入れが盛んで、そりゃ肌の老化も早い筈です。

健康補助食品の類いに目がない人、新しい化粧品にすぐにとびつく人、老化を極端に嫌う•気にする人、その他多くは言いませんが、こんな人って各細胞レベルの老化現象に比して老化は早く進むような気がします。





posted by Dr at 16:31| 仕事

2014年04月23日

ほにゃららリフト?

増税前に手術を受けておかないと損、ってな消費者心理を煽ってなのかどうか、今月中頃から少しは当院の診療も落ち着いてきたと思っていたのも束の間、(予測はしていたんだけれど)酷い手術を受けられた方の来院が急増しています。
まあ様々な術後経過を診る事になるのですが、何とかリフト(口に出すのも恥ずかしいようなネーミングのものが多いのですが)と言うのを受けたんだけれど、全く効果がなかった、変な風に凹んで困っている、その他いろいろ。

今日もほにゃららリフトとやらを受けて困っている方が数名来院されました。

まあ大体が皆同じような事を言われるのだけれど、大事な(どのような手術をどのように受けたのかどうか)事を全く把握されていません。
話をお伺いするこちらとしても困るのですが、何せ皆さん、安易に手術を受け過ぎです(相手側のクリニックの思うがままです)。
いつも言っていて、でも効果はないんだろうな、とは思いながらまた書きました(ほにゃららリフトって、そのネーミングのセンスをまず疑って欲しいんだけれどなあ)。




今シーズン、最後の雪山はここにしました(今だ積雪9mとは凄い!)。

IMG_0465.JPG
IMG_0435.JPG

さあ登るぞ!


IMG_0455.JPG

やばい! 視界がなくなってきた! 雹が降ってきた!


IMG_0461.JPG

IMG_0456.JPG

IMG_0436.JPG

悪戦苦闘の末、何とか遭難せずに降りてきました(ああよかった)。
桜の季節、仕事がハードで花見の余裕など全くなかったんだけれど、ちょうど山形は桜が満開でとてもきれいで十分堪能して帰ってきました。







posted by Dr at 16:32| 仕事

2014年04月10日

消費税の事

4月から消費税が8%。
よくもこんな中途半端な事をするもので(このタイミングで、しかも財務省だけが主導する消費税上げには大反対だったし、それでも上げるんなら20%ぐらいに一気に上げればいいのに(当然その分ワケのワカラン懲罰としかいいようのない累進課税は改めて欲しいんだけれど))、どこの現場もなかなか大変だろうし、消費税の徴収は全て現場にやらせているくせに、せめて有り難う、お世話かけます、すみません、ぐらいは言えんもんですかねえ、財務省さん。

愚痴はこれぐらいにして、仕事の方はやっと今日あたりから少しずつ落ち着くような気配で、カラダの調子も戻りつつあります。
当院の治療費も消費税分は変更しましたが、EDの治療薬の費用は、変更するのがあまりに面倒でそのままです。


先日遊んで来た今シーズン最後の北海道、定宿にしているホテルの駐車場料金、1,000円だったのが1,500円になっていて、ここまでの便乗値上げだと何やら可笑しくて許せてしまって、駐車場スタッフ(顔見知りになっていて)共々苦笑いでした。



IMG_0410.JPG

前日、前々日の降雪のおかげで、パウダーもカービングも楽しめて、ローカルの爺さん婆さんのパーティーにも混ぜてもらって、また新しい山登って遊ばせてもらいました。


IMG_0423.JPG

北海道の海も空も、帰る頃にはすっかり春の色でした。





posted by Dr at 14:57| 仕事