2015年05月16日

オーバーワーク

娘の話で恐縮ですが、、、
先月末、レッスン中に足をやったらしくて、腫れと痛みが尋常じゃなく、案の定腓骨が見事に折れていて今月1日の手術になりました。

IMG_0712.JPG

ゴールデンウィーク中にある全国レベルのコンクール、6月の公演、夏休みからのアントワープのバレエ学校、これらに向けて練習に励んでいて、その先の事も視野に入って来ているのかどうか、もうかれこれ半年近くのちょっと無茶なダイエットもしていて(黙って見ていましたが、ちょっとそれは具合悪いんちゃうかなあ、とは思っていて)、数日は相当荒れていましたが、「ええか! 切り替えや!」、「判ってる! 切り替えるわ!」等々、何とか歩けるまでには回復してきました(13cmのプレートとスクリュー固定のおかげで)。
折れたは折れたで、実はよかった面や気付いた面もあったようで、若いと回復も早くて。
それに比べると、、、

4月に入って少し仕事の余裕が持てると思いきや、ゴールデンウィークはかつてなく忙しく、少し自分のパイを超えていたのか(体力維持が出来ていないだけかも知れませんが)、どうも自律神経のバランスがおかしく、もう相当ヘロヘロでした。
娘を見ていて、ちょっとオーバーワーク気味かなとは思っていましたが、実は自分が完全にオーバーワークでした(恥ずかしや)。



IMG_0718.JPG

そうであってもoffは予定通り、台風6号に揉まれて遊んできました。





posted by Dr at 13:22| 仕事

2015年02月20日

麻酔薬の話

東京女子医大でのプロポフォールという麻酔薬投与での死亡事故が問題になっています(今頃になってテレビでもやんややんやとやっていますが)。

昨年、友人の医師が医療訴訟を起こされていて、意見書を書いて欲しいとの事で、書かせて頂いた事がありました。
相手側(原告側)の医師(何故か匿名なので、この医師の意見書にわざわざ答える必要があるのか疑問でしたが)の言うところ、自分はこのような手術は今までに○○例行なっていて、お前の手術時間は短か過ぎるとか、麻酔薬はどうしてプロポフォールを使用しなかったんだとか、まあ低レベル過ぎて逆に意見するのが難しかったのですが。

少し大きな手術する場合は当然このような麻酔導入剤などで麻酔維持を行う必要があり、当院でもプロポフォールは使用しますし、他にも好んで使用する薬剤があります。
どの薬剤がよいのかどうかについては、最新のものがよい(上記の医師の意見書にも書かれていましたが)、と言う訳では決してなくて、使用する医師が使い慣れているものが一番よいに決まっています(単なる勉強不足では話になりませんが)。
でも至極一般的に使用されていた薬剤が安くて使い勝手がよくても、ある程度の期間が過ぎると、何故かある時期から手に入らなくなってきて、とても高価な新しい薬剤に切り替える必要を迫られる事がよくあります。
これについてはかなり大きなチカラが働いていて、個人レベルではなかなか対処できませんが。

東京女子医大の件に戻ります。
プロポフォールの使用量、使用方法、私の感覚ではあまりに酷い(あり得ない!)のですが、一年以上も経過していて、今だまともな(原因等の)調査報告もせずに、責任逃れとしか思えないような対処ですね。
何で逃げるんでしょうねえ?
何のために医者やってるんでしょうか?
逃げたら絶対駄目なんだけどなあ。






posted by Dr at 11:47| 仕事

2015年01月05日

あけましておめでとうございます。

昨日から仕事を始めていますが、年末に手術を受けて頂いた方の抜糸やら経過観察やらで忙しく、遅くなりました。
あけましておめでとうございます。
皆さん、よいお正月を過ごされたでしょうか?
例年にない寒い正月でしたが、体調は大丈夫だったでしょうか?

私のほうは雪山遊びの道具の手入れをしただけで、完全休養でした(1日だけとてもローカルなところで少し滑りましたが)。


さて今年の日本はどうなんでしょうか。
Jim Rogersの言う日本の将来性、20歳ぐらいまでなら日本を飛び出すべきだろう等々、まさに私も大賛成だけれど、現実的には日本を離れる訳にもいかないし(今のところこの仕事を辞める事など全く考えていないし)、現在の日本という国のシステムは相当嫌だし、中枢部にいる連中の思考も相当嫌だし、でも日本人でよかったと本当に思うし、日本人のポテンシャルって相当高い筈だと思っているし。

せめて、伝統や縁起、格言、風俗風習などなど、そんなものを軽々飛び越えられるような感性や意識は持っていたい(持ちたい)なあ、と思います。


今年もどうかよろしくお願いします。



posted by Dr at 18:41| 仕事

2014年12月30日

今年も一年間有り難うございました。

先ほど、今年の最後の受診者の方を見送って、診療を全て終了する事ができました。
毎年同じ事の繰り返しになりますが、事故なく終了出来たのも偏によい受診者の方に恵まれてのものです。
有り難うございました。

クリスマス後の5日間は怒濤の忙しさで、予約をお断りさせて頂いた方も多く、本当に申し訳ありませんでした。

今年は何故か年初から忙しく、消費税アップの影響からかどうか、3月には「もうそろそろ限界かも?」な状況で、ヤマダ電機へマッサージ機を買いに走ったりもしました。

ここ数年は、「どれだけ喜んで帰って頂けるか?」が唯一の仕事上のテーマで、
それ以上のものもそれ以下のものもなく、さあ今年はどれだけの事が出来たか?となると、まだまだ話になりませんが、来年も同じように頑張りたいと思います。

IMG_0620.JPG

今年一年、本当にありがとうございました。
皆さん、よいお年を!!




posted by Dr at 18:31| 仕事

2014年11月19日

遠方からの受診者の方へ

大阪の心斎橋のこの場所で開業していよいよ20年になります(怖いぐらいあっと言う間ですが)。
有り難い事に色んな地から来院頂くのですが、関西は当然として、主に西日本、北陸、東海地方からの方が多いのですが、何故か最近では首都圏からの方が増えています。

どうしてこう言う話なのか、と言いますと、、、
当院、一切広告宣伝はしておらず、多くの方がご紹介での来院なのですが、近頃は、所謂口コミサイトやランキングサイトを見られて来院頂く方が増えている様です。
ではこのようなサイトって本当に信頼出来るものでしょうか。
少し調べてみれば一目瞭然なのですが(一般の方には判りにくいとは思いますが)、ほとんどが有料の広告サイトでしかありませんし、捏ち上げが酷い事になっています(食べログどころの比じゃありません!)。
これで酷い目にあっている方がどうも首都圏からの受診者の方に多いように思います。
以前にも書いたのですが、紹介者の方の意見であればまだいいのですが、上記の捏ち上げサイトは単なる目安と考えて、やはり最後は実際に診察を受けられてご自身で判断されるしかなく、出来れば近く(首都圏にもよい美容外科医はたくさんいますよ)で信用できるドクターを探して下さい。
それが一番です。



IMG_0594.JPG
昨日まで、今シーズン最後の風遊び、堪能してきました。

IMG_0590.JPG
シーズン最後はこのホテルにしました。
なかなかシックないいホテルでした。


今年はラニーニャで暖冬、不安定などか雪、との予報ですが、この時期沖縄まで例年にない寒さで少し凍えましたが、どうも寒い冬になるともっぱらです。




posted by Dr at 18:23| 仕事