2016年09月08日

落とし物

一昨日、息子が帰って来て、何やら暗い顔して、「ちょっと申し訳ないんやけど、、、」
「何やなんや?」

ただ財布を落としてしまった、って話でしたが、現金はともかく保険証に運転免許証、クレジットカードにその他もろもろ。
家出て、電車乗って、到着駅の改札で気付いて、本人はどこで無くしたかの記憶が無かったようで(相当なバカ野郎)、駅へ届け出て、近くの交番にも届けて、現金ないから食事の約束を諦めて帰ってきた模様で。

自宅のインターホン確認してみたら、彼が家を出て30分後ぐらいに女性の方の動画が残っていて、どうも彼の財布を左手に持っているように見えて、財布が戻ってくる確率が俄然アップして、でも、夜半まで待てど再度インターホンは鳴らず、翌日午前中も鳴らずでしたが、近くの駅に届けてくれていたようで、一件落着でした。

IMG_1226.jpg


そう言えば30年ほど前、大阪市内の病院から新たな赴任先の鳥取の病院へ向かおうと出発して、高速上がって気付いて、急虜引き返した事がありました。
数ヶ月分の生活費(200万円入れていたのですが)を含めて財布等々を入れた小さなバッグをクルマのソフトトップの上に載せたままま走り出してしまっていたのですが。
頭をかかえ元の病院に戻って、すぐさま医局の秘書さんが近くの交番へ走ってくれて、、、
近くの工場で働いておられる方がたまたま拾ってくれていて、大金が入っているので工場長を伴ってその交番へ届けてくれていました。
この地域、大阪市◯○区◯◯◯○、治安が最悪で有名な場所で、もう完全に諦めていたのですが。


息子曰く、「日本ってなんてすごい国なんや!」「こんな国他にあるやろか?」
確かにそうなんだけれど、「でもお前、去年クラッチバッグ スリに合うたやん。」

大事なもん、まずは落とさんようにせんかい!!(本当は、ものをなくすのがどうも多い自分自身に言い聞かせています)。



おまけ

IMG_1215.JPG

IMG_1218.JPG

風待ちの間、知り合いが水中出産したビーチで泳いできました。



posted by Dr at 17:40| 日記