2016年05月21日

見事に誤診

もう随分と前(多分四半世紀ほど前)の話ですが、モルジブ滞在一日目でカラダが腫れ上がってきて大変な事になって、急遽翌日シンガポールの病院で治療を受けて、何とか事無きを得た、と言う経験をしました。

それ以降、海へ出向く度に日光疹が出るようになって難儀していました。
それでもなお、カラダが腫れ上がってきても夕刻に自身で注射薬で何とか押さえては、海遊びを続けてはいて(今では考えられませんが、当時は注射器や薬剤の飛行機への持ち込みは全く問題がありませんでした)、これも5年ほどはかかりましたが改善しました。
それ以降、突然でしたが、アレルギー性鼻炎に悩まされ始めて、なかなか原因が突き止められず、また有効な治療法や治療薬もなかなかなくて苦しんできたのですが、、、、、

今年の3月末、上記のアレルギー症状があまりに酷く、堪らず友人の病院へ駆け込みました。

IMG_1121.jpg

外来が終わって帰宅していた耳鼻科のドクターをわざわざ呼び出して頂いて、診て頂いたところ、、、

IMG_1157.JPG

IMG_1159.JPG

あれ? 花粉症ではない? 通年性のアレルギー性鼻炎ではない?
副鼻腔がちょっと、えっ? ええっ?

上顎洞の粘膜が肥厚している! 篩骨洞と蝶形骨洞にも軟部影?
間違いなく慢性副鼻腔炎でした。


薬剤の投与で症状はきれいになくなり、2週間後の検診に出向く際、以前より息子の副鼻腔炎(勝ってに診断していました)が気になっていて、一緒に受診させたところ、、、


IMG_1158.JPG

あれ? 花粉症? アレルギー性鼻炎? 通年性?



あれだけ悩まされてきた症状ですが、確実に改善してきました。
今までも何人かの耳鼻科医には診てもらったんだけれどなあ。
でもほとんどは自分自身で勝手に診断していて、ああ恥ずかしい。




posted by Dr at 14:16| 日記