2016年02月06日

続 生まれ直し

このブログ、美容や健康などの情報発信が目的で始めていながら、全く好き勝手な事を書いてばかりですが、また、所謂不特定多数へ向けて、の体裁ですが、前回の続き、と言う事と、今回だけは特定の者に向けて書いています。
お許しを。

ある方から、「前回のブログ以降ほぼ日を読んでいて、今日のエッセイ、ほんとうにそのとおりですね。」、と教えて頂きました。

以下、またまた勝手な転載になりますが、糸井さん、すみません。
ほんとうにそのとおりなので。




よく「じぶんにうそはつけない」と言われる。こどものころは、その意味がまったくわからなかった。そもそもじぶんのことなんだから、「じゃ、そういうことで‥‥」と、ごまかせば、じぶんは許してくれるじゃないか、と思っていた。

「じぶんのいちばんの敵は、じぶんだ」というのも、そんなことはないだろうと思っていた。戦いというのは、じぶんとだれか他人がやるものだから、じぶんは敵じゃないだろうと、思っていた。「じぶんに負けるな」という励ましの意味も、もちろんわからなかった。

じぶんが、じぶんにうそをつこうとする。じぶんのついたうそを、じぶんが許そうとする。 じぶんがじぶんを誘惑する。じぶんがじぶんをだめにする。

そういう弱さがあるからこそ、人間なのだとは思う。でもね、そういう弱さは、もっとじぶんを苦しめる。なんとか、新しい試合をはじめられるのに、なにかをうらんだり、なにかを責めているうちに、光の射す方向に顔が向かなくなっていく。

「生き直す」ときの、じぶんの歩みのたよりなさだとか、人びとの嘲りだとかばかりが気になって、過去に向ってこぶしをふりあげたり叫んだりする。そこまで含めて人間なのだということは、知っている。

こんなことを言っても、ただのことばだ。ただの説教だから、聞こえないときには耳に入らない。ぼく自身も、若いときには、まったく聞く気もなかった。心がこもってようが、親身であろうが、ことばはことばでしかない。

「そういえば、どこかのだれかが、じぶんにうそはつけないとか言ってたよな」と、唱歌のように憶えてもらえればいいと思って、こんなことばを書いているのだろうか。ことばは、まことにことばでしかないのだけれど。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。そうだ。鏡のなかには、たいていの答えが詰まっている。







posted by Dr at 10:56| 日記